総ビリルビンについてのまとめ記事一覧

総ビリルビンは検査でその高い低いが判明します。私の時は尿検査で判明し、その後詳細を調べる為に血液検査でもその原因を調べました。総ビリルビンとはそもそも何なのかというと、黄色い色素の事を指します。@総ビリルビンとは?どうやって作られる?総ビリルビンは、血液に含まれる、赤血球が壊れた後、生成される物質です。赤血球の寿命は約180日。その寿命が訪れると、赤血球はビリルビンという物質に変化します。この時生...

総ビリルビンというなれない言葉が高いと、不安な気持ちになります。未知への不安や、自分の体はどうなってしまうのかといった漠然とした不安はそれだけで体へストレスをかけてしまいます。総ビリルビンは健康診断の指標項目のひとつで、肝臓の働きの状態を示す大切な項目です。その基準値をしっかり把握し、自分が今どの位置にいるのかを客観的知ることは適切な対処をする上でとても重要です。■総ビリルビンの基準値まず、総ビリ...

総ビリルビンは、ビリルビンが持つ色素があるので、高いか正常化を自分の目でチェックできます。総ビリルビンは、黄色い色素を持ち、体内の総ビリルビンが高いと【黄疸】となり皮膚や白目に表れます。総ビリルビンは、間接ビリルビンと直接ビリルビンに分けられ、間接ビリルビンが高い場合と直接ビリルビンが高い場合それぞれ黄疸の発生要因が異なります。@間接ビリルビンが高い場合の黄疸の要因間接ビリルビンというのは、赤血球...