総ビリルビンを下げる、一番抑えておきたいポイント

 

総ビリルビンが高いと医師から言われたが、何をすれば下げることが出来るのかなど、
実際問題聞きなれない言葉で困ることだらけだと思います。

 

総ビリルビンが高い場合は、下げる方策をとらなければいけませんが、
どんな方法があって、そもそも総ビリルビンというのは何が原因なのかということも
理解する必要があります。 

 

総ビリルビンが高いと言われ、下げる方法をお探しの人は是非参考になさってください。

 

 

@総ビリルビンを下げる食事方法について

 

総ビリルビンの数値は、肝臓の機能の目印となる数値です。低い場合については問題は
ありませんが、基準値を超えてしまうと下げる必要があります。
総ビリルビンは肝臓の機能が弱くなったりすることで、上がったり下がったりします。したがって、
もっとも重要なのは肝臓の機能を正常化又は高める必要があります。

 

肝臓に良いとされる食品は、牡蠣やしじみなどです。
牡蠣やしじみにはオルニチンという成分がどの食べ物よりも大量に含まれています。

 

「二日酔いで体調がすぐれない時にはしじみ汁を飲め」というお話は聞いたことありますか?
これは都市伝説でもなんでもなく、科学的にも医学的にも正しい対処方法です。

 

オルニチンは肝臓の解毒作用を高め、アルコールの分解をする肝臓の機能を後押ししてくれます。
さらに、ビタミンB12やB2、メチオニンなどの疲労回復効果がある成分もたくさん含まれているので
二日酔いに良いと言われているのです。

 

肝臓の機能を高める作用がすごいので、結果的に総ビリルビンを下げることにつながります。

 

 

A総ビリルビンを下げる習慣について
総ビリルビンを下げる習慣というと、お酒やタバコを思い浮かべますが、その通りです。
しかし、思ったよりもお酒とタバコがもたらす肝臓への害は高いんです。

 

総ビリルビンを下げるにはお酒やタバコを控える必要があります。なぜかというと、
お酒とタバコには
・肝臓の細胞を破壊する
・血液をドロドロにする
・アセトアルデヒドによって肝がんのきっかけになる
・血管が収縮して肝臓への血液が少なくなる

 

これらはお酒やタバコの害の一部です。
これらの作用により肝臓機能が悪化すると、相対的に総ビリルビンの数値が高くなります。
したがって、断酒・禁煙は総ビリルビンを下げる働きがあると言えるでしょう。

 

 

B総ビリルビンを下げるサプリについて

 

総ビリルビンを下げる方法はこれまでご紹介した通りです。しかし、長年吸ってきた
タバコを止めるのは1日で何とかなることではありませんし、お酒についても同じことが言えると
思います。また、これからの季節、お酒を飲むシーンが多くなります。何も対策をしないと
総ビリルビンを下げる事はできません。
そこでご紹介したいのが総ビリルビンを下げる作用があるサプリメントです。

 

総ビリルビンを下げる為のものではないのですが、肝臓の機能をアップしてくれるので、
結果的に総ビリルビンを下げる効果があると言えます。

 

肝臓機能を高めるサプリメントには、先ほどご紹介したしじみ・牡蠣の有効成分
「オルニチン・ビタミンB12B2・タウリン」などの成分を大量に含んでいます。
サプリメントによっては、しじみ何百個分を1粒にまとめたもの凄い成分を含んでいるものもあります。

 

サプリメントは、携帯性や手軽さ、飲むだけという始めやすさが好評で、総ビリルビンを
下げる方法を探している人にとても好評です。

 

生活習慣を改善するのは性格的に難しいと感じている方にとてもおすすめです。

 

 

私のサイトよりも詳細にビリルビンについて解説していサイトがありましたので紹介させていただきます。

 

 

私がおすすめする総ビリルビン情報サイトはこちら

更新履歴